Lalaku(ララク)銀座店/ハイフ(HIFU)痩身エステ

ハイフ(HIFU)エステ。東京・銀座・東銀座・築地で激安、最安値級のハイフ専門の痩身。ハイフ一筋で最安値級。お陰様で4周年のララク銀座店

ハイフ前後の食事について☆食事には要注意?

   

 

ララク銀座店です。

すっかり春になりましたね。
肌の露出が増える時期に向けて二の腕など気になる箇所をケアしていきたいですね。

ハイフですが、脂肪やセルライトに対して、他の痩身機器とは一線を画した効果の出せる優れものです☆

ここの部分を集中して身体を変えたい!
今年こそ理想のボディラインを魅せたい!

という方にはハイフは強力な味方になります(^^)

ハイフの施術で皆様からいただくご質問で多いのがハイフ後の食事についてです。

ハイフのトリートメント後は吸収率が高くなるから、あんまり食べちゃいけないのは聞くけど具体的にはどんな事に気をつけたらいいの?
という所です。

 

まず、ハイフを受けた後の体内では次のような変化が起こっています。
ハイフにより照射されて破壊された脂肪は血液やリンパ液に乗り、
一部はエネルギーとして消費され、残りは肝臓に運ばれて分解されて排出されます。

その為、ハイフの施術直後は、一時的に血中の脂肪の割合が増えて、
肝臓は運ばれてきた脂肪を分解すべくフル稼働で働いています。

この時に、ちょうど食事をしてしまうと肝臓の負担が大きくなり処理が追いつきません。
肝臓で作られる「胆汁不足」が原因で消化不良を起こしたりしやすくなっています。

また!体内の脂肪が急に少なくなってもいますので、
脳は身体が「飢餓状態」!と判断して食べたものから一生懸命脂肪にためこもうとしてしまいます。

このような理由から、施術前は1時間、施術後は少なくても2時間は食事は控えましょう。

ちなみにハイフで照射された脂肪の排出は、施術後2~3日までしばらく続きます。
その間は肝臓に負荷のかかる、脂肪や糖分の多いもの、アルコール、タバコはNG(できるだけ控えて下さい)です!

揚げ物、お菓子、ラーメンや丼物など、脂質や炭水化物中心の単品メニュー、添加物たっぷりのコンビニの菓子パンなどは極力避けましょう。

また、薬も同じように肝臓で処理される為、ハイフ施術前後はできるだけ避けていただいた方が無難です。

今の時期は花粉症で薬を飲んでいらっしゃる方も多いのですが、出来れば薬以外で対処出来るといいですね☆

このようにハイフ後は、まずは食事や薬で身体に負担をかけない事がポイントです。
意識されると効果の出方にも違いが出て来ます☆
ご参考になさって下さい。

 

時間がない、最安級でハイフを受けたい、サクッと、でもきっちりハイフを受けたい。

→銀座のハイフ専門店・ララク銀座店のご予約はこちらからどうぞ☆

 

 

 

→ハイフだけでない・ラジオ波と同時施術、ハイパーナイフもあるカルリーノはこちら☆

 

今後ともララク銀座店をよろしくお願い致します。

 

 

 - ハイフと食事について, ハイフ(hifu)痩身エステ, ララク銀座店 , , , , , ,